漂白剤って一体なに

最近、漂白剤にハマっている。
衣服用の漂白剤ではなく、食器洗い用の漂白剤が良い感じ。
これで、まな板やティーカップ、マグカップ、タンブラー、麦茶入れを一気に漂白する。

ピシャーっとクスミが取れて本当に清々しい。
しかし、一体漂白剤って何なんだろう。
なんでこんなに漂白できるのだろうかと、一種の恐ささえも感じてしまうほどのパワー。

とくに、マグカップが買ったときのような白さになるときによく思う。
コーヒーやお茶をよく飲むので、自分用にいくつか大きなマグカップを使っているが、それらが茶色くなっている。
食器洗いをしたあとのカゴに、お水と漂白剤を入れて、ドボンとマグカップ類を浸ける。

このカゴがあまり深くないので、どうしてもマグカップの反面しか浸からない。
だいたい30分ほど浸けるので、30分経過してから一度裏返してまた時間を置く。
あまり水は濁らないが、茶渋というかステインなどがすっきり落ちるので気持ちが良い。

最近は泡タイプの漂白剤もよく使用している。
スプレー式になっていて、洗剤のようにじゃんじゃん使える。
使い勝手が良いので、色々なものに使えてどんどん白くなるので楽しい。

まな板は全部をつけ込むのではなく、このスプレータイプで最近は漂白している。
トマトや味噌に漬け込んだ豚肉などを切ったあとのまな板は、包丁によって入った小さな溝に色素が溜まりやすい。
毎回洗剤で洗ったとしても、見た目的に汚い。

泡を何プッシュかかけて、こちらは10分程度で綺麗になる。
流し終わってからやっぱり思う。
これだけ綺麗にする漂白剤が謎だと。

«
»