実家を顧みない末っ子

3つ離れた姉はまだ実家で母親と一緒に暮らしている。
同じ市内に住んでいるので、私も帰ろうと思えば30分くらいで帰れる距離にいる。
しかし、正月くらいしか実家には行かない。

必要なことはメールで連絡を取っているし、郵便物などをたまに持ってきてくれる。
互いに街中にいるときに待ち合わせて受け取るのだ。
姉は今後家を出たとしても、母が居る家に頻繁に帰ると思う。

一般的に、長男長女は親を大事にする。
末っ子は押しつけたまま自由気ままに動き回る。
このような分析があるが、よく当たっていると思う。

知人や友人の家を考えても同じようなものだ。
末っ子ほど、実家を顧みないものである。
別に嫌っているわけでもないし、帰るのが面倒というわけでもない。

しかし、長男長女のように親身ではないということ。
親に対してだけでなく、親戚付き合い全般において言えること。
先日伯母が還暦を迎えたので贈り物をすることになった。

姉は伯母の誕生日の1ヶ月ほど前から、何を送ろうかとよくメールしてきた。
私は花でいいのではないかと思っていたので、直前になって花屋から発送すれば良いと思っていた。
姉は還暦だから赤の、縁起の良い花言葉のある植木が良いと言っていて、正直言うと調べるのが面倒だなぁと思っていた。

今週末、母親の誕生日なので食事に行こうと思っているが、その用意も甲斐甲斐しく姉は行っている。
食事に連れて行くだけではなく、マッサージ屋を予約しているようだ。
さらには、離れて暮らす祖母にも一日一回はメールしているというから驚きだ。
姉らしい姉を持ったな、と思う。

«
»