足の角質

今のマンションに来てから1年と半年経ったが、バスタブにお湯を溜めたのは、最初の1ヶ月の内、たった何日かだ。
次の月に1万円以上のガス代が請求され、プロパンガスの高さを思い知った。
それから寒い冬でもお風呂につかることなくシャワーで済ましている。

そんな生活が続いているからか、足の角質がカチコチになって困っている。
角質が硬くなっているのは、足裏のかかとの縁部分と、土踏まずの上部分で一番ヒール靴のときに地面に接している部分、指の縁部分だ。
お風呂上がりのケアで、体はボディオイルかクリームを気分で使い分けている。

どちらもしっかりと足に塗り込んでいる。
しかし、足裏に油分を付けると、フローリングについてしまうのが嫌なので、甲の部分にしっかりとすり込む。
冬は靴下をはくので、布団に来てからクリームを足裏の硬い部分にも塗り込んでから靴下をはいて寝ていた。
それでも、お風呂に浸かってふやかす時間がないからか、一向に柔らかくなる気配がない。

それどころか、不要な角質が剥がれないため、いかにも老廃物が溜まっているようなガサガサが重なったどす黒い肌になって困っている。
足の不要な角質を取り去るフルーツ酸の液なども使って見た。
これはフルーツ酸の液を入れたビニールの靴下をはいて30分ほど置いておけば、数週間で足の角質がすべて生まれ変わるというものだ。

実際に一週間後に、べろんと今までみたことのないぐらいの大きな角質が次々と剥がれ出した。
すべての角質が剥がれ落ちがのもつかの間。
またいつのまにか分厚い角質が出来上がっているのだ。
恐るべし角質の再生機能。
お風呂にはつかれないので、足湯をしてみようかと考え中である。

«
»