高齢化社会が進む日本

日本は高齢化のスピードが世界でも最速であるらしい。今後の予想では、2020年には29パーセント、2050年には40パーセントまで高齢化が進行する見込みで、これは世界的にも例を見ない社会であるようだ。こんなに高齢化が進行したわけは、医療の発達による国民の健康である。

しかし、その一方で子供の人口は激減。
世界一少ないらしい。
おかげで経済力の地位低下が続いている。
アメリカには引き離され、中国には追い越され、国民総生産の順位は二桁代にまで落ち込んだ。
さらに高齢者の比率の増大は年金を中心とする社会保険制度の崩壊につながる恐れがある。
現在の日本の年金制度は現役世代が払い込んでいる保険料で賄っている。
それでは、このような問題点に対していかなる対策を講ずるべきであろうか。
まず経済力の低下に関しては、高齢者や生産年齢人口の有効活用と外国人労働者の迎え入れが考えられる。
さらには、日本の技術力の更なる進化が求められる。

高齢者については、現代医学の発達で65歳以上であっても健康な人が多く当面は従来同様に労働意欲に満ちた人材が豊富に存在する。
彼らの豊富な就労経験や熟達した技術を引き続き活かせる労働の場の創出や、講師として若い世代に知識や技術を継承させる指導の場の案出が重要である。
実際に現在では65歳以上の労働者が急激に増加しており、まだまだ働ける高齢者を積極的に雇っている企業も増えてきている。
高齢化も捨てたものではない。
まだ戦えるのだ。

時間に追われるオフィスはいや
就業管理
労務管理の面倒を一度で解決が可能な就業管理
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«