オリンピック招致合戦

オリンピック委員会による視察が今年の春に行われ、東京都の都知事が意気揚々と案内する様子が繰り返し報道されていた。
このたび、委員会による評価の内容が返ってきたようで、再び自信に溢れた都知事の会見がニュースで大きく取り上げられていた。

東京、イスタンブール、マドリードの3都市が争う2020年のオリンピック開催地。
私は東京に住んでいないので、「絶対に東京で!」という熱意が全く無い。
前回のオリンピック招致合戦のちきは、東京だけでなく私が住んでいる九州も名乗りを上げていたが、あっさりと落選した。

ユニバーシアードや世界水泳といった大会が昔開催されたときに、ある程度の競技場が九州には揃ったので、九州でやればいいのに、という思いはある。
水泳、陸上のメイン会場は福岡、サッカーは大分、と言う風に分散して。

しかし、今回の委員会の評価の中で、東京は各競技場が近いことが高く評価されていた。
私は、普段から人の多い東京で、近くに競技場があったら、余計に人が集中してしまうのではないか、と思っていたが、集中した方が警備もやりやすいんだとか。

だから九州開催になると、選手やスタッフ、観客の移動が増えるので落選したのではないかと言われている。
サッカーワールドカップのときも、次の試合のためにたくさん移動しなければならないチームが出てきた。
疲労が蓄積し、フェアではないという意見も多かったようだ。
誰のためのオリンピックかと言われれば、選手のためのオリンピックである。

選手が最大限の力を発揮できる環境が揃った都市で行うのが良いのであろう。
ただ、観に行く立場から言うと、混み合いすぎるコンパクト開催よりも、広い地域でやるのもいいのではないかと思う。
生涯のうち、一度は観に行きたいと思っている。

PC無制限の就業管理
PC無制限の就業管理の仕組み
パソコン台数制限なしの就業管理システムは、10台でも1,000台でも高い能力発揮。
biz-work.jp/
関連:www.billingstar.biz

«