過敏な反応

新しく洗顔料を購入した。
クレイが入ったタイプのチューブ式洗顔料を、自前の洗顔ネットに1cmほど出して泡立てる。
細かすぎて生クリームホイップのようになった洗顔泡で顔を包み込み洗っている瞬間はとても気持ちが良い。
実はこれまで洗顔料を使っていなかったのだ。

一時期流行った「洗いすぎない」美容法をかたくなに守っていたからだ。
クレンジングや洗顔料で洗いすぎることで、必要な角質までも流してしまうので、潤いがどんどん保持できなくなると聞いた。
これを聞いたときに、洗顔料を使って洗うと油を取り過ぎてしまうので必要ないと聞いていた。
しかし、この美容法はもう7,8年ほど前に流行ったことだ。

その頃はまだ皮脂が多く出ていた頃だ。
だから洗いすぎて皮脂が出ていると思っていたし、洗いすぎない洗顔でぴったりだった。
体を洗う無添加の石けんを泡立てて洗うのは夜だけで、朝はぬるま湯で洗う。
でも今は30歳目前になり、皮脂はあまり出ずに乾燥しがちな肌だ。

だから余計に洗いすぎない方がいいのかと思っていたが、若い頃に比べて要らない物を取り去る力もだいぶ低下してしまっている。
だから、潤いを取らない洗顔料で不要なメラニンや角質を取り去る必要が出てきたのだ。

きちんとスキンケアしているし、UVケアもしているのに、なぜか顔がくすんでいるというのは、要らない角質が残っているからだ。
新しく購入した洗顔料をさっそく今日使ってみたが、すすいで顔を上げて鏡をみた瞬間、一段肌のトーンが上がっているようで、速効性に驚いた。
年代に合わせてケアを変えていくことの大事さを痛感した。

だらだら過ごす

最近気が抜けてしまっていて困っています。
困っているというか自分がちゃんとすればいいだけなのですが、服装がだらしなかったり、生活感あふれすぎるものになっていたり、ノーメイクで大学に行ってしまったりと、ただの面倒くさがりなだけなのですが。

寒いとあるはずのやる気もどこかに行ってこたつでほっこり、だらだらの一日になってしまいます。
コンビニにいくだけでも、きちんとお化粧をして、ばっちりな服装で行く友人Aはすごいなあと思います。
この間も結婚したばかりのAに「あなたはもっとしっかりしないとだめだよ。
そんなんじゃ彼氏できないよ!」と怒られてしまいました(笑)
たしかにコンビニであっても気を抜かなくて臨戦態勢のAの姿はある意味尊敬できるなあと個人的には思ったりします。
ですが、私にはやっぱり無理だあ……。
さすがにデートの時やビジネスでカッチリとして服装で挑まないといけないときは、それなりにきれいにしますし、気合も入りますが普段からはそんな風にはできないです。
でもそんなのではだめですよね。
Aとまでは行かないにしてもそれなりに頑張らなければいけませんね。
恋でもすれば少しはやる気が出るのかもしれません。
そういえば、前の会社の先輩と付き合っていた時はコンビニに行くときとまでは言わないけれど、それなりに服装に気を使っていたこともありました。
誰か見せる相手がいれば私もモチベーションが上がるのかなあ。
恋をすると肌の調子も良くなると噂で聞いたので、私もAのように今年中には良い相手が見つかればいいなあと思っています。

»