スキンケア

元々、真っ白ではない肌のため、夏場でなくても日焼けして見られる。
充分なケアを行っていたとしてもそう見られてしまうので、より美白ケアを強化しなければならない季節がやってきた。
最近、よく売れているスキンケアシリーズを使っていたが、ちょうど無くなったので、その美白ラインの化粧水と乳液に変えてみた。

しかし、変えてからどうも肌の調子があまり良くない。
普段できないような所にニキビが出来たり、かすかに痒みが気になる。
また、「しっとりタイプ」を使っているが、過剰に皮脂が出て表面がかなりベタついていることから、インナードライの状態になっていると判断できる。

インナードライとは、肌の内部が乾燥しているために、肌を守ろうと皮脂を過剰に出してしまうことだ。

水分が多いのだと勘違いして、「さっぱりタイプ」の化粧水に変えてしまう人がいるが、かえって乾燥を進める結果になり、また皮脂が多くなる、無限のループにハマってしまうのだ。
元々肌が強い方で、どんなスキンケアアイテムを使っても不調になることはなかっただけにショック。

確かに浸透せずに肌の表面だけにあって、汗や皮脂と混ざってベタベタしている感じがする。
美白化粧水に関しては色々と検索しても個人差がかなりあるので、これがおすすめ!というアイテムになかなか出会えない。

サンプルやテスターで試してみて、しばらく時間を置いて肌の状態を確かめてみる必要がある。
しばらく出来ていなかったのに、大人になってからニキビができてしまうのは、かなりショックなことだ。

«
»